2019/08/16 投稿

間取りを変えると価値が下がる?

高級なマンションであればあるほど、自分のライフスタイルに間取りをフィッティングさせるべきであると思います。
その結果、マンションの価値が下がることはありません。

それは「間取りを優先順位上位で選ぶ人は少数」だからです。

 

実際に賃貸の聞き取り調査で行っている質問に答えてみてください。

 

1)あなたはマンションの価値を何で判断していますか?

  • 分譲価格?
  • 立地条件?(駅・学校・スーパーなどへの距離、地域のブランド力)
  • ステイタス性?(コンシェルジュの有無や共用部分の高級感など)
  • 住まい心地?(間取り・使い勝手)
  • 安全性?(耐震性・耐災害性能)
  • 駐車場の有無?

 

いかがでしょうか?
その結果について、さらに質問です。

「住まい心地?(間取り・使い勝手)」を優先順位の1位に選んだ方はいらっしゃいましたか?

おそらく、いらっしゃらないと思います。
多くの方が、マンション選びをする際に重要視する項目は「立地条件」です。

特に高級マンションであればあるほどそのような傾向があります。
(そのため間取りを変えたからといって価値が下がることはありません)

そうして選ばれたマンションですので、住んでみてから住まい心地に不満が出たり、何か違うという違和感を抱えながら生活することになります。
人間は環境適応能力が優れていますのでどんなに使い勝手が悪い間取りでも一週間も生活すれば体が適応してしまいます。
使い勝手が悪いということを意識することなく生活できるようにはなりますが、無意識レベルでは、使い勝手が悪いことが原因の小さなストレスの積み重ねを常に生活の中で行っていることになります。

 

さて、下記の項目の中で、後から自分の意志で改善できるものはどれでしょうか?

  • 分譲価格?
  • 立地条件?(駅・学校・スーパーなどへの距離、地域のブランド力)
  • ステイタス性?(コンシェルジュの有無や共用部分の高級感など)
  • 住まい心地?(間取り・使い勝手)
  • 安全性?(耐震性・耐災害性能)
  • 駐車場の有無?

そうです。
マンションの場合、後から自らできるものは、間取りや使い勝手などを改善して住まい心地をよくすることです。

生活のスタイルは人それぞれです。
同じようにみえても、やはり違います。
自分のライフスタイルにぴったり合った住まいにめぐり合えたら、それだけで人生は成功です。

 

繰り返しになりますが、

マンションの間取りを変えてもマンションの価値は下がりません。

理由は、下記のふたつです!

  • マンションを選ぶときに間取りを優先順位上位で選ぶ人は少数だから。
  • ステイタス性の高い高級マンションを選ぶ方は自らのライフスタイルに誇りを持っているので自分のライフスタイルにフィッティングさせる(リフォームする)ことを前提にマンション選びを行うから。

 

当社は、新築の時から住まう人のライフスタイルにベストマッチングしたプランをご提案いたします。

また、中古物件でも新築のマンションを購入したかのように感じられる新しい住まいのあり方をプランに投影してご提案いたします。

新築マンションリフォーム東京ではリフォーム相談を無料で承っております。
お気軽に 問合せ窓口 からお問い合わせください。