2019/12/08 投稿

リフォームに強い建築士の選び方

リフォームと言ってもいろいろなリフォームの仕方があります。

壁の色を変えるとか便器を取り替えるというような取り替え系のリフォーム
これは間取りプランの変更を伴いませんので建築士の関与がなくても比較的簡単にできます。

一方で、もともとどんな形だったのか分からなくなるほど間取りが変わり、暖かさや涼しさまでが変化してしまう住環境の劇的改善リフォームも存在します。

リフォームに強い建築士を選びたいと思っている方は、前者の取り替え系リフォームではなく、少しは間取りも変えて今の自分のライフスタイルに合わせて、さらに今よりも快適な室内環境を求めていることでしょう。

間取りプランの変更を伴うリフォームは、実は新築の間取りプランをつくるよりも難しいのです。

なぜ難しいのか?

  1. 元の建物の構造計画を読み解き、外せる構造部材と外せない構造部材を的確に選別判断してそれを設計条件要素のひとつとしてプランニングに反映する必要があるから。
  2. 新築時の図面が残っていないなどの理由で、一部を壊さないと既存建物の状態がわからないことが多いので、現場での確認後即決の判断力が求められるから。
  3. お客様が長期の暮らしの中で大切にしてきたものへの価値観が、お客様と建築士では異なることがあるため、お客様の大切にしてきた物や、想いのこもった設え(しつらえ)などをヒアリングする力が求められるから。
  4. 住宅の温熱環境性能を向上させると住人の健康向上につながるということが、今では常識となってきましたが、良い環境を実現させるためには、既存建物の実測とその形状入力をして温熱環境性能を計算でシミュレーション出来る能力を持ち合わせている必要があるから。

 

このように、新築にはない難しさが、間取り変更を伴うリフォームのプランニングに求められます。

新築物件の設計ばかりに携わっている設計者は、既存現場の調査の方法すら知らないことがあります。
悪い例ですが「営業の担当者が現場調査をして、あいまいで不完全な情報しか設計者に伝達していない状態で設計を進め、現場を確認することなく工事を進めてしまったばかりに外してはいけない構造部材を切断して撤去してしまった。」ということもあるようです。
すぐに気が付いて補強などの適切な工事を行えればまだ良いですが、それに気が付かないまま構造的な隠れた不安を持ち続けたまま住み続けることになったらとても怖いですね。

そうならないためには、建物の構造を熟知した設計者(建築士)に直接現場に足を運んでもらって正しく現況調査を行ってから設計を進めてもらえる人を選定することがよいと思います。

 

整理をしますと、リフォームを頼みたくなるリフォームに強い建築士は?

  • 設計業務のみならず、現場監理業務の経験も豊富な建築士
  • 現場にしっかりと通い、設計時も施工時も現場の状況を確認しながら、必要に応じて変更対応などにも応じられる建築士
  • お客様の想いをしっかりとヒアリングしてくれる建築士
  • リフォームであっても新築のようにワクワクする提案ができる建築士
  • 夏に暑い・冬に寒い・昼間に暗いなど、改善することで住み心地や健康に影響を及ぼすことに対しては積極的に改善提案できる建築士

多くの時間を共に過ごす住環境は家族の一員のようなものです。
リフォームを任せることができる建築士かどうか、しっかりと話して後悔のないようにしましょう。

新築マンションリフォーム東京ではリフォーム相談を無料で承っております。
お気軽に 問合せ窓口 からお問い合わせください。